笠間焼の歴史

自由な空気の中に感性を磨く 新しい時代の笠間焼

笠間焼の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772~1781年)。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長石衛門の指導で焼き物を始め築窯したこととされています。明治に入っても、笠間は19の窯元を数える厨房用粗陶器の産地として知られていました。
 
 しかし、終戦後、プラスチック製品などの流入によって人々の生活様式も大きく変化。百数十年におよぶ関東-の歴史を誇る陶の里も、陶器需要の減少とともにそれまで経験したことのない危機に直面してしまいます。
 消えかかった笠間の火を取り戻す。それには予想をはるかに上回る努力が必要でした。そして、復興の大きなきっかけとなるのが、そうした関係者の熱意によって昭和25年に設けられた、茨城県窯業指導所。そこでの工芸陶器を目指した釉薬の改良や原料となる粘土の研究と試行錯誤、陶工の養成などが、やがて試練の時代に一筋の光を呼び入れることになるのです。また、厨房用粗陶器から工芸陶器への転換も、現在の笠間焼とその隆盛を語るうえでは欠かせない判断だったと言えるでしょう。

新しい作品は、日本はもとより海外でも次第に高い評価を獲得。一万、笠間では日本の経済復興という追い風もうけて、県外からの研修生や築窯希望者も増加。少しずつ現在につづく活気を育んでいきます。昭和45年は30、昭和55年で100を数える窯元もそんな笠間焼の隆盛を物語
< るものと言えるのでしょう。
 
 伝統を受け継ぎながらも作家の個性をより重じる方向へ作風を転換した笠間焼。いま、自由闊達な空気のなかで多くの陶芸家たちかその感性を磨きつづけています。
 時代を超えて受け継がれるのは、技術もさることながら土を慈しむ心、絶え間ざる研究心、そして、何より創造することの喜びだったのではないでしょうか。

笠間焼年表

安永年中信楽の陶工長右衛門の指導により、久野半右衛門登窯による陶業は開始する。
寛政年中藩主牧野貞喜公自ら城内に於てお庭焼をされる。
藩主は陶業者に資金を与え保護奨励をはじめる。(百両を年5両ずつ20ケ年賦に返す)
文化年間小野藤治平、山形県に行き、平清水焼の陶祖として活躍。
天保11年山口勘右衛門は、斎藤栄三郎(越中砥波郡井波に生まれる)に
製陶法を伝授天保年間に小砂焼(栃木県)を始める。
嘉永6年大塚啓三郎笠間焼の技法を学び益子焼を始める
文久元年牧野貞直公、笠間焼の保護奨励をかね、仕法窯を6ヶ所に設け主取及び生産係を命じた。
明治2年田中友三郎(美濃国)窯業を始める。
明治4年廃藩置県、笠間藩を廃し茨城県となり茨城県に属す。
明治14年陶器製造組合が設立される。
明治22年水戸線開通にともない笠間駅開設される。
明治35年郡立笠間陶器伝習所開設。
明治40年窯元数……19軒
昭和25年茨城県窯業指導所が下市毛に開設される。
昭和31年笠間陶器協同組合が設立される。
昭和32年製土工場が設立される。
昭和38年窯業団地造成される。
昭和41年笠間市下市毛地区に芸術村が開かれる。
昭和47年窯業団地造成される。
昭和53年笠間焼連合組合が結成される。
昭和54年笠間焼窯元数……100余軒
昭和57年第1回陶炎祭開かれる。
平成2年笠間焼協同組合が設立される。
平成4年笠間焼が伝統的工芸品産業に指定される。
平成10年第1回笠間焼フェア開催。
平成12年第1回彩初窯市開催。
(c)KASAMAYAKI Cooperative. All rights reserved.
このページのトップへ